若白髪なら染めるだけ改善できる【方法を確かめる】

白髪予防と日々のケア

生活習慣見直しで白髪予防

髪染め

若くても白髪は生えてくるもの。
若白髪は遺伝の他、ストレスやホルモンバランスの崩れ、食生活の乱れなども影響します。
しかし、市販の白髪染めを使い染める事は簡単にはできますが、まずは根本的な改善や予防策から始める事がおすすめです。
若白髪が生え始めている今からこそ、将来の為に予防対策を早めにしっかり行うべきです。
若白髪になりやすい原因として、睡眠不足がありますが、睡眠不足であるとホルモンのバランスも崩れ、薄毛等の他の髪のトラブルにも繋がります。
まずは、上質な睡眠を規定時間はしっかり取れるよう心掛ける事が必要です。
そして、シャンプー等をする時には頭皮マッサージを行うのもおすすめです。
頭皮マッサージを行う事で、血流をスムーズにして髪が生える等の環境をつくりやすくします。
頭皮は髪の土台であり、かたくて血流が悪いと細毛や白髪、抜け毛、薄毛といったトラブルになります。
食生活では、髪にいいとされる食材を取り入れる事がおすすめです。
黒ゴマは髪にとてもいい栄養分が豊富に含まれていますし、アーモンドやくるみなどのナッツ類も同じです。
脂っこい食べ物やファーストフード、お菓子類等、身体にもおすすめできない食べ物ばかり食べる、好きなものばかり食べるといった偏りにも注意が必要です。
栄養バランスを考えて摂取する事が大切です。
今すぐに白髪を改善したい場合には、ヘアカラーリングしましょう。
ただし、白髪は幅広い世代に現れるものですが、市販されている白髪専用のヘアカラーは年配の方向けです。
10代20代の若白髪の方には刺激が強い場合があるので、通常のカラーリング剤を使用しましょう。
年代に合わせたり、使用してみて合わないようだと感じたら、改めて自分の体質に合うカラーリング剤を探して下さい。
できれば、トリートメントで染めるものや、無添加なもの、刺激が強くないタイプを使って染める、美容室にて部分的に染める等がおすすめです。

若い世代にも多い悩み

ヘアーアイロン

白髪は中年期以降に発生することが多いですが、若い世代でも白髪が出てくることがあります。
若白髪が目立つ場合もヘアカラーで染めることで若々しいきれいな髪色を取り戻すことができます。
無理に若白髪だけ抜くなどの処理は、頭皮や毛根を傷めてしまうことにつながります。
無理に抜き続けると、薄毛になる可能性もあるので、気になっても抜かないようにしましょう。
白髪が数本程度であれば根元から切ると良いですし、多くある場合はやはり染めるのがベストです。
このときもできるだけ頭皮や髪に優しい染料を選ぶことがおすすめです。
美容室でヘアカラーを行うときれいに染めることができますし、今は自宅でも手軽に染められる染料も増えています。
なお、若白髪は染めることで目立たなくすることができますが、伸びてくるとまた繰り返し染める必要があります。
若い世代に白髪が出る原因としては、過度なダイエット、偏った食生活による栄養不足も考えられますので、食事内容は見直し、髪に良い栄養をしっかり摂っていきましょう。
また、食事だけで補うのは難しいため、手軽に栄養を取り入れるならサプリメントもおすすめです。
そして過度なストレス、睡眠不足、血行不良なども白髪を増やすことにつながりますので、こちらも注意したいところです。
さらに慢性的な貧血があるなど体調に関係して白髪が増えている可能性もあります。
若白髪は遺伝的な要素で起こることも多いですが、遺伝に関係なく出ている場合は食事や生活の影響も考えられますので改善を目指していきましょう。

髪にも頭皮にもやさしい

注射

若白髪を染めるということになると、若いうちから繰り返し染め続けることになるということを意味しますので、年齢を重ねて白髪ができてきた人が染めるよりも注意が必要です。
染める方法によっては、頭皮に大きな刺激を与えることになりますので、できるだけ刺激の少ない方法を選ぶのがオススメです。
若白髪は多分に遺伝性要素を持っていますが、中には極度のストレスにさらされることによって引き起こされることがあります。
遺伝性要素によって、ストレスを取り除いても黒髪にならないという場合、若いのに白髪というちぐはぐさを解消するために染めるという選択になるでしょう。
もっとも頭皮に優しく染める方法は、ヘナと呼ばれるハーブの粉末を水に溶いたものです。
ヘナには染まるまでに時間がかかるという特徴があり、これをデメリットととらえる人は少なくないのですが、若いうちから繰り返し染める必要がある若白髪の場合、頭皮に優しいという条件は外すことができません。
時間がかかるといっても30分から1時間程度ですので、待っている間に浴室の掃除をするなどすれば、それなりに時間が経過すると考えられます。
ヘナなら頭皮へのダメージはまったくないということで、白髪が気になるけれど、頭皮へのダメージは避けたいという人にぴったりです。
特に若白髪ということになれば、頻繁に、そして継続的に使用することになりますので、特に注意してヘアカラーを選ぶことが重要です。
ヘナであれば体についても安心ですので、時間をかけることで髪と頭皮を労わっていると実感することができるメリットがあります。

素材と効果を比較して選ぶ

カウンセリング

ドライヤーやヘアアイロンへ高機能を求める人は多くて、大風量のドライヤーや髪へ優しいヘアアイロンの人気はとても高いです。ドライヤーとヘアアイロンを上手く使いこなすことで、ツヤがあって綺麗な髪を保つ生活を送れます。

もっと読む

安全で修正もしやすい

注射

若返り治療によく用いられているヒアルロン酸注入は、ダウンタイムもなく、当日から化粧や洗顔も可能なので、気軽に受けることができます。注入用のカニューレを使うことで、さらに繊細な施術が可能になり、痛みや内出血のリスクも軽減しました。

もっと読む

落としにくい脂肪を減らす

ヘアーアイロン

注射を受けるだけで気になる部分の脂肪を溶かし、溶けた脂肪分を便や尿として体の外へ追い出せる仕組みから、大阪の美容整形外科でも脂肪溶解注射が人気になっています。また、メスを使わないため、ダウンタイムが少ないことでも注目されている美容治療サービスです。

もっと読む